最近増えているRC住宅|その魅力を徹底解説

建築業者を選ぶコツ

ポイントを抑えて選定

間取り

RC造住宅は、いわゆる鉄筋コンクリート造で作られた、建物の事を言います。デザイン性が高い、耐久性・耐震性・耐火性に優れているなど、安全面の高さから注文住宅をRC造工法で建てる方も増えてきているようです。ただ、RC造の一般住宅は、木造家屋と比較するとまだまだ普及していません。より良いマイホームを建てるには、建築業者選びが鍵となります。RC造の一般住宅を多く手掛けているかどうか、また技術力の高さは建築業者を選ぶ際、大きな選定ポイントとなります。ただ、施工数や技術力だけでなく、他のポイントも必ず押さえましょう。建築業者や担当者の姿勢というもので、良い会社か悪い会社かを判断出来ます。打ち合わせ時に施主側の話を時間をかけ、丁寧に聞いてくれる担当者であれば、意思疎通がお互いにできるので、より良い家が作れるのです。また、打ち合わせの時間や回数を多く取ってくれるだけでなく、担当者の対応力というものも、選定する時のポイントになります。的確な資料を提供してくれたり、こちらのイメージがぼんやりしている時でも、イメージを掴みとって様々な提案をしてくれる担当者であれば安心です。この他に家を建てる事だけでなく、地盤調査や住宅ローンなど建築以外の相談も、受け付けてくれる建築業者であれば、よりスムーズに話が進みます。マイホームは一生に一度の大きな買い物です。入居してから「失敗した」とならない為にも、どこに工事を依頼するかが大切になります。

寄り添ったサポート

室内

つくば市では、変形地や狭小地に注文住宅を建築することができます。限りある敷地面積の中でも、様々な工夫を盛り込むことができます。一階より二階の面積を広くすることで、建築費用を抑えることができます。内部には、筋交いを多く取り入れているため、安定感を保っています。つくば市では、茅葺き屋根を用いた注文住宅が人気を集めています。茅葺き屋根は、工事や修理の必要が無いというメリットがあります。また、茅葺き屋根は自然素材であるため、低コストなのです。建材の調達から竣工まで、トータルサービスを行うハウスメーカーを選ぶことも重要です。自社内で、一貫したサービス体制を敷いているため、中間マージンが発生しないのです。 つくば市では、間伐材や輸入材を、柱や梁として用いるプランを提示している業者も沢山あります。木材の余った部分を効果的に用いることで、建設費用を大幅に抑えることができます。クロスや内壁を、統一感のある色に仕上げることでも、建設費を格安にできます。決まった配色を取り入れることで、落ち着いた雰囲気を楽しむことができるのです。また、つくば市では、床面にこだわりのある板を取り付けて造る注文住宅などが人気となっています。素材のみの特徴を活かした設計であるため、リーズナブルに建てることができます。 水回りを集約させた注文住宅を設計することでも、基本価格を下げられるのです。必要となる動線を短くできるため、コンパクトな施工ができます。

工法とプランニング

インテリア

地震大国といわれる日本では、福岡市城南区に注文住宅を建てる際にも注目されるのは、地震に強い家造りです。工法については、福岡市城南区の木造だから地震に弱い、RC造だから強いといった判断はできません。重要なのは、例えば木造なら柱や筋交いをバランス良く配置するなど、その注文住宅の工法に合うプランニングをして、きちんと設計図通り福岡市城南区に注文住宅を建てることです。ただし、福岡市城南区の素人にその見極めは困難です。自分たちで図面と建物を照らし合わせ、建築確認申請通りに建てられているかなどは自分でもチェックできますが、もっと専門的な部分はやはりプロに見てもらった方が安心できます。建築家にプランニングを依頼した場合は、設計費の中に工事管理も含まれているので注文住宅が完成するまで現場でこまめにチェックしてもらえます。工務店に依頼した場合も、施行者とは別に設計者を立てるときちんとチェックされ、手抜き工事を防げます。設計・施工を同じ会社に頼む場合、もし心配なら第三者に工事管理だけ依頼する方法もあります。プランニング面で建物の強度を強める工夫も必要です。一般的に凹凸のない単純な平面プランほど耐震性は高くなります。四角いプランなら建物の重心が一か所だけになり、地震の揺れの力が全体に均等にかかるため、大きく崩壊する危険性は少なくなります。L字型やコの字型などの変形プランは建物の重心が数カ所に分散され、揺れの力もそれぞれにかかるため、つなぎ目の部分にズレが生じることになります。これを防ぐにはあいた部分を梁や壁で繋いて安定させるといいでしょう。