最近増えているRC住宅|その魅力を徹底解説

堅牢な建物を作る

メリットとデメリット

つみきの家

堅牢な建物としてはRC(鉄筋コンクリート造)があります。住宅といえば木造や軽量鉄骨が採用されていますが、木造などと比べてRCは地震に強く気密性に優れるといった優位性があります。また階層を増やすことができるので、RCは住宅用としては主にマンションなどに採用されています。しかし、個人向けの住宅でもRCを選ぶ人が多くいます。RC住宅のメリットとしては、堅牢な建物であり耐震性に優れます。また不燃性ですから耐火性に優れ気密性が良いので防音効果が高いといったことがあります。また柱や梁を太くすることができるので室内を広く作ることができますし、またさまざまな形に加工することができるのでデザイン性に優れます。耐久年数にして木造の2倍以上で適切にメンテナンスをすれば100年以上は十分に使用することができます。純粋に居住空間としてはRCは優れていますが、一方でデメリットが多いことでも知られます。デメリットとしては、日常生活では結露やカビが起きやすいことが挙げられます。特に高温多湿の日本では換気設備がしっかりしていなければ、発生しやすくなります。また最大の難点が施工業者の技術力です。木造や軽量鉄骨といったものは加工されたものを使うので、設計図通りに作れば大きな問題は発生しませんが、RCでは、鉄筋を組み、そこにコンクリートを流し込み一体的な形を作り上げるのでそこでトラブルが発生すると思ったような状態にならないリスクがあります。さらに建物自体が重たいので地盤改良が重要で、これを怠ると建物が地面に沈み込むといったリスクがあります。経験の豊富な施工業者に任せればリスクは回避できますが、木造などの建物と比べると作るための難易度の高い建物といえます。

満足のいくものにする

カップル

つくば市は教育機関や緑豊かな自然環境などが充実しているため、多くの方がつくば市で注文住宅を建てています。つくば市で注文住宅に住む人の人数や家族形態など、それぞれ違うため住む人によって要望は様々です。注文住宅のメリットは、時間はかかっても自分のこだわりや意見を反映できることにあります。自分の理想やイメージに近い住宅を建てることができるのです。また注文住宅に使用する材質や材料なども、自分たちで決めることができるため予算も調整することが可能となります。予算を気にしないという方は、何も考えず自分の理想を伝えていけば良いですが、なるべく安い価格で注文住宅を建てたいという方も多くいます。それでは、注文住宅を安く建てるためにはどうすれば良いでしょうか。まず最初は、住宅の広さを狭くすることです。注文住宅は広くなればなるほど、材料などもその分使用するため高くなります。必要のない部屋などは省いて、必ず必要な部屋のみ残すようにすると良いです。本当に、広い家は必要か一度考えてみてはいかがでしょうか。次は、全てを業者に任せるのではなく自分で作れるものは作るということです。最近ではDIYなどが非常にポピュラーなものとなったため、テレビや雑誌などでも大きく取り上げられています。作成方法などは、雑誌やインターネットに掲載されていることもありますので是非検討してみてください。このように、高いと思われている注文住宅の費用を安くする方法はいくつかあります。自分の理想を取り入れつつ、安くできるところを工夫することで、全ての面で満足のいく注文住宅をつくば市で建てることができます。

南側地域が適しています

間取り

福岡市城南区は中央区、早良区、南区に囲まれた街です。注文住宅を建てる環境としては、城南区の南側地域が適しています。福岡市城南区は、他の区よりも区内の面積が狭く、注文住宅を建てるところも限られます。城南区の北側地域は、中央区や早良区のビジネス地域に密接しているところから、マンションやビルが密集しています。マンションやビルが多いため、注文住宅を建てる環境には、北川地域は適してなく、南側地域は一戸建てが多く、今後、注文住宅を建てようと検討されている方は、福岡市城南区の南側地域で、検討されることが望ましいです。福岡市城南区の南側地域は、一戸建てが多いことから、閑静な住宅街でもあります。また、教育環境や、商業施設、スーパーなどの生活に必要な環境も整っており、大規模な医療もありますので、住みやすい地域でもあります。注文住宅を建てるに適した地域は、福岡都市高速も通っており、地下鉄やバスも運行していますので、交通アクセスの利便性も良いです。生活環境や交通アクセスは申し分なく、注文住宅を建てる予算や購入予算次第では、マイホームを手に入れる実現可能性が高いです。注文住宅を手掛けるところは、大手から地場の中小企業まで幅広く、建て売りしている場合は、展示会や内覧会に足を運んで、実際に見てみることをおススメします。一から注文住宅を建てる場合は、進捗状況を段階的にチェックしたり、打ち合わせをしながら、設計事務所や工務店などの業者と詰めていくことが望ましいです。