最近増えているRC住宅|その魅力を徹底解説

鉄筋コンクリート造の家

特徴や魅力は

インテリア

注文住宅を建てる際、どのような工法を用いるかで、理想のマイホームに仕上がるかどうかが左右されます。今まで、一般の家は木造で建てられるのが一般的でした。ですが最近「RC造住宅」が増えています。RC造住宅とは、鉄筋コンクリート造を用いて作られた建物の事です。マンションやビルを建てる際に用いられる工法というイメージがありますが、木造家屋には無いメリットがある事から、RC造住宅は年々増えつつあります。RC造住宅の魅力といえば、やはり耐久性や耐震性に優れているという点でしょう。木造家屋とは違い、この方法は面で地震の揺れを支えます。家全体で揺れを受け止めるような形となるので、耐震性に優れているのです。一般的に木造家屋の寿命は20年程度と言われていますが、鉄筋コンクリート造であれば、50年以上の寿命があると言われています。耐震性・耐久性に優れたRC造住宅は、長く住めるマイホームが作れるので評判です。一般的な家屋では、まだまだ少ない鉄筋コンクリート造、住宅ハウスメーカーや工務店に工事の依頼をする時は、安心して任せられるかどうか確認しなければいけません。より良い住宅ハウスメーカーや、工務店を選ぶには経験値や実績をしっかり確認する必要があります。多くの一般家屋で、RC造を用いている住宅ハウスメーカーや工務店であれば、ノウハウもあり安心して依頼出来るでしょう。施工実績をチェックして、住宅ハウスメーカーや工務店を選定する事をおすすめします。

相見積もりを取る

間取り

新しく土地を購入して住宅を建てるとなると、業者に依頼して建ててもらうというのがほとんどでしょう。茨城県つくば市でも注文住宅の会社は数多くあります。実際に話を聞いても、それぞれに長所と短所があるため依頼する住宅会社を決めることは難しいです。このとき会社を比較する方法はあるのでしょうか。最初に住宅会社のカタログやホームページだけで判断しないようにしましょう。掲載されている写真などは、実物と印象が変わってくるからです。つくば市でも実際に完成した家を見ることが望ましいですが、注文住宅は完成したものを見ることはできません。そのため住宅会社の展示場を見ることが、1つの方法になります。実物の注文住宅を見ることで、カタログにはない情報を得ることができ、住宅会社を選ぶ良い判断材料になります。つくば市で何社か気に入ったところが決まったら相見積もりを取ることです。これによって注文住宅で、実際にかかる費用が分かります。しかし判断するときは金額の安さだけで決めるのではなく、誠実な住宅会社を選ぶ必要があります。そして複数の住宅会社からは、同一の条件で見積もりを出してもらうことが重要です。会社によって仕様が違っては比較ができないためです。同一の条件で出すために、設計事務所に図面を作成してもらい、できた図面を住宅会社に提示する方法があります。しかし同一条件のため各住宅会社の得意分野が殺されてしまうこともあります。もし住宅会社が提示した図面以外に提案をしてきたら、それも含めて他の会社と比較するとよいでしょう。つくば市で注文住宅を建てるときも、これらのことに気をつければ良い住宅会社を選ぶことができます。

風通しを良くする

つみきの家

福岡市城南区は、緯度が低く内湾に面しているため夏の暑さが大変厳しく、さらに湿度も高いため、福岡市城南区に注文住宅を建てる際には、夏の過ごしやすさが重要になります。夏場の湿気対策を最優先し、風通しの良い注文住宅を立てましょう。福岡市城南区の風通しが悪い家は、カビやダニが発生しやすく、アレルギーの原因になってしまいますし、建物そのものの寿命を縮めることになります。湿気が多い家は建材から出る有害物質が室内に留まりやすいという欠点もあります。これらの問題をクリアしているのが昔ながらの日本家屋です。どの部屋にも風が通る開放的なつづき間は風通しのいい理想のプランです。住宅が密集している福岡市城南区の注文住でも、開口部の大きさと配置に工夫したり、中庭やデッキなど屋外空間を活用することで、風通しを良くするプランは可能です。通風と採光のため、注文住宅の南側はなるべく大きな開口部を設けたいものです。土地にゆとりのある注文住宅は、庭にテラスやデッキを張り出させ、それに面して掃き出し窓をつけると良いでしょう。土地が狭い、隣家が迫っているなどの場合では、建物をくぼませて、中庭やデッキを造り、その内側に大きな開口部を設けるのもいいです。窓から視線が抜けることで室内が実際よりより広く感じられるという効果も生まれます。また、サニタリーや寝室など外からの視線が気になるスペースでは、滑り出し窓や押し出し窓、ルーバー窓などを目的に合わせて選ぶと良いでしょう。